マドレーヌの簡単でおいしい作り方

マドレーヌの簡単でおいしい作り方

 

 

 

 

お菓子を持って行くこと、多くありませんか?

 

友人同士で、集まることが、多いので、
訪問先に、負担にならない物は、何かないか?

 

 

  • 冷蔵する必要がない!
  • 持って行く時につぶれない!
  • 訪問先のお皿やフォークを使わない!
  • 残ったら分けて、他の人におみやげにわたせる!
  • そのままでも日持ちがする!

 

この条件を、満たしているお菓子で、
見た目もきれいで、簡単で、安く作れるもの!

 

その全てを満たすのが、このマドレーヌでした。

 

[スポンサーリンク]

 

マドレーヌは、作った当日よりも、翌日の方がおいしい!

 

前日に作っておいて、常温で保存できるので
お出かけ当日も楽ちんです。

 

 

とってもおいしいので、リクエストされることが多く
私の定番のお菓子になっています。

 

材料費は500円程度なのに
誰が作ってもおいしくできます。

 

特別なものは使いません。
ほとんど、家にあるものばかりです。

 

まずは、一度作ってみてくださいね。

 

マドレーヌの材料

 

 

 

 

材料

(マドレーヌ型 20個分)

  • 薄力粉   100g
  • 砂糖    100g
  • バター     90g
  • ハチミツ    10g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • レモンの皮  *1/2個分
  • レモン汁  *大さじ1
  • バニラオイル * 6〜7滴
  • ラム酒    *小さじ1
  • 型に塗るバター 少々
  • *は無くても可
  • レモンの皮は黄色い部分だけをすりおろしたもの

 

 

konajpg 

 

○小麦粉は袋に入れて計ったあと、風船のように膨らまして、
 大きく振ることで、ふるいにかけたのと同じような効果があります。
 粉が飛び散らず、後始末が楽です。

 

○砂糖は、グラニュー糖を使うのが一般的です。
 我が家では、きび砂糖を使っているため、茶色く写っています。

 

○バターは普通の有塩バターを使っています。
  無塩バターや製菓用マーガリンを使うときは
  塩をひとつまみ入れてください。

 

○ハチミツを入れると、生地がしっとりと仕上がります。
  入れないときは、砂糖を10g増量してください。

 

○ラム酒を入れるとお店のような本格的な感じに仕上がります。
  焼き上がると、アルコールは飛んでるので、
  子供が食べても大丈夫です。

 

○バニラオイルはバニラエッセンスでもOKです。

 

○レモンはきれいに洗ってから、
黄色の部分だけをおろし金で削ります。
少ししかとれないのですが、入れると風味が違います。

 

 

マドレーヌの焼き型

 

madorenu_gatajpg 

 

マドレーヌ型 ステンレス製の方がいいです。
今回は、安く手に入るので、ダイソーのを使ってます。

 

すぐにサビが出てくるものがありますので、そのときはハズレだと思って
あきらめて、新しいものを買いなおしてください。
(スズをメッキしたもの)

 

お試しで作るときは、これでも良いと思います。

 

本当は、↓このタイプが、型離れも良くて
きれいに焼けます。

 

タイガークラウン Blackマドレーヌシェル型15P 5084

 

 

 

cup002jpg 

 

マドレーヌ型のカップ。写真は固めのアルミ製です。

 

 

kamicapjpg 

 

紙製のおかずカップですが、オーブンOKのもであれば使えます。
このカップで作るときは、生地を半分までにしてください。
入れすぎると、生地が膨らむときに、形が悪くなります。

 

 

sirikoncapjpg 

 

シリコンのおかず用カップでも作れます。
小さめの一口サイズなので、自宅で食べるときにちょうどいいです。

 

シリコンの型を使う場合、生地を半分程度の少なめに入れて
表面がキツネに色になるまで、しっかりと焼くとおいしくできます。

 

マドレーヌの作り方

 

 

bata_tokasujpg

 

マドレーヌ型にバターを塗って、粉をふっておきましょう。

 

 

 

bata_tokasujpg 
鍋にお湯を沸かして、バターの入ったボールを入れて溶かす
鍋に直接バターを入れて溶かしても
別な容器に入れて、レンジで溶かしてもOKです。

 

 

haney_inbuturjpg

 

バターが溶けたら、ハチミツを入れて混ぜる
人肌程度の温度になるまで、そのまま冷まします。

 

※ ハチミツは、低温だと溶けないので
  バターが温かいうちに入れて、混ぜてください。

 

オーブンを予熱します。180度15分でセットしてください。

 

 

egg02jpg

 

ボールに卵を入れてほぐします。

 

 

haney_inbuturjpg 
砂糖は一度に全部入れて大丈夫です。
泡立てる必要はないので、円を描くように混ぜるだけでOK!
ザラザラしなくなるまで混ぜます。

 

 

konajpg 
小麦粉とベーキングパウダーの入った袋を
ふくらませて、大きく数回ふってからいれます。

 

もちろん、粉ふるいを使っていただいてもOKです。

 

 

eggin_flowerjpg 
円を描くように混ぜます。

 

 

eggin_flower02jpg 
サックリと混ざったらOKです。
多少、ダマになっていても大丈夫。
気にせずに、次にすすみましょう。

 

 

haney_inegg_flowerjpg 
ハチミツ入りのバターを3回に分けて入れて混ぜます。
1回目だけは、少なめに入れて、なじませます

 

残りを2回に分けて入れて、混ぜます。
混ぜすぎないように注意しましょう。

 

 

最後に、バニラオイル、ラム酒、レモン汁+皮のすりおろし入れて混ぜる
全体にサックリと混ざればOK! 混ぜすぎないでね!

 

 

madorenugatajpg 
生地を流し入れます。マドレーヌ型には8分目くらい
大きなスプーンで、すくって入れると入れやすいです。
雑な私は、ボールごと持ち上げて、入れてしまいます ( ̄∀ ̄;)

 

 

kiji01ajpg 
アルミカップなら、7分目くらい

 

 

kiji02ajpg 
シリコンなら半分〜7分目くらい

 

オーブン180度で15分くらい焼きます。
機種によって、違います。

 

初めて焼くときは、オーブンは180度15分でセットして
キッチンタイマーで13分にセットして、焼き具合を見てください

 

 

kiji02ajpg
  加熱調理のときは、オーブン加熱を続けたままで
  焼き具合を確認するようにしましょう。

 

kiji02ajpg
  各オーブンごとに、焼きクセがあります。
  焦げやすいところと、加熱が弱いところを見て
  必要な場合には、向きを変えて再加熱しましょう。

 

 

kiji02ajpg
  マドレーヌは、表面がきつね色で、
  カリッとした焼きあがりの方が、おいしく仕上ります。

 

 

kiji02ajpg
  焼き比べると、わかりますが、カップ型よりも
  ステンレス製の焼き型を使った方がおいしくできます。
  ちょっと面倒でも、焼き型を使いましょう!

 

 

焼き上がり

 

 

 

マドレーヌ型でこのくらい焼き色がついていると
裏側まで、しっかりと型の模様がつきます。

 

 

アルミ型だとこのくらいです。

 

 

シリコン型だとこのくらいです。

 

 

 

ラッピング用品

 

 

 

cup002jpg

 

個包装用のビニール袋

 

 

 

cup002jpg 
模様が入っているのもいですよ
(写りが悪くてすいません)

 

 

 

 

 

 

100均の商品だけで、きれいにラッピングできます。

 

ラッピングに悩んだときは
私は、こちらのサイトを参考にしてます。

 

お菓子の簡単なラッピング
http://mirahime.fc2web.com/wrapping.html

 

 

少し凝ったものを使いたいときには
こちらでまとめ買いしたりしてます。

 

ラッピング倶楽部

 

http://item.rakuten.co.jp/wrapping/c/0000001115/